特別講演会 「災害に強い病院とBCP策定を考える」 開催

「災害に強い病院とBCP策定を考える」チラシ

「災害に強い病院とBCP策定を考える」申込用紙

南海トラフ地震の発生に対する概念や風水害による甚大な被害が続き、

医療機関は、大規模災害が発生した中であっても、多数の傷病者に対応できるように、

医療機能の継続を目的とした事業継続計画(BCP)の策定が社会的に要請されています。

一方で、過去の災害事例を経営的視点から見ると、患者さんの転院などにより医療収入が減少し、

病院経営が不安定になったなどの事例も見受けられます。

BCPには、経営面から病院の損害を抑制し組織の存在を図る効果も期待されている事から

本セミナーでは、BCPの位置づけやマニュアルとの違い、

BCPを作るための組織づくりと作成の勧め方等をリスク管理の観点を含めてお話します。

建築設計の立場からと損保会社よりリスクマネジメントの立場からのお話をします。